岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家の建築設計事務所ーです。私たちは地域の木や自然素材を生かし、健康的な住宅や耐震性・省エネ性もこだわり、オリジナルなデザインの住宅を設計しています。

岡山/倉敷で住宅の設計・監理-宇川建築計画事務所

 暮らしやすい住宅

住まいのキーワードは陽・材・風・緑
住まいのキーワードは陽・材・風・緑

建築する場所の環境を生かし、自然の光や風、自然素材、地域の木材を生かして、暮らしを生き生きと、健康な暮らしが可能な個性的な住宅を豊富な経験を生かして設計しています。
住まいのキーワードを「 」として、住まれる方の希望を伺い「会話」を交えながら、「住む人らしい個性のある」末永く住める住宅を提案しています。新築住宅のみでなく、増改築・リフォームも設計しています。

住まいとは、家族が安心して、楽しく暮らせる器

10 年以上にわたり、家族に喘息の方・シックハウスの方・アトピーの方々の相談を受け、体に優しい住宅を設計してきました。
そうした数多くの経験から、住宅は自然の光や風を生かし、地域の木材や自然な素材を使用して、住む人の健康や地域の環境にやさしい家づくりが大切だと教えられました。
そして、住む人の住宅への夢や生活を大切にし、これからの暮らしを生きいきとさせてくれる住宅デザインを設計提案します。


中国・四国の身近なところに、住宅に適した誇りの持てる木材が豊富にあります。私たちは、こうした多くの木材生産者の方々と出会い、良質な木材の提供を得て「木の良さを生かした家づくり」をすすめています。
私たちはお話をうかがいながら住宅を提案し、設計・監理をしています。お気軽にお問い合わせください。

 

これからの住宅に求められるもの

東日本大震災がきっかけで、より安全な住宅が求められています。また、化石燃料の燃焼によるエネルギーの消費の増大は、CO2の排出により地球温暖化を招くとともに、原発事故による電力消費を少なくすることが求められています。住宅の断熱性を正しく施工し断熱性能を高めると、光熱費の省エネルギー化につながります。

 

これからの住宅で大切にしたいこと

耐震性の高い住まいづくり   

省エネ性の高い住まいづくり

長期優良住宅仕様の性能基準

本年平成28年からはゼロエネ住宅の実現

 

環境や健康に優しい住宅(自然素材や身近な木材ー岡山県産木材などの使用)  

そして、何年たっても誇りの持てる、住まいの品格やデザインを大切にしています。

私たちはお話をうかがいながら住宅のデザインを提案し、設計・監理をしています。

お気軽にお問い合わせください。

住宅ギャラリー

設計依頼を受ける住宅は、新築からリフォーム・増築まで設計・監理をしています。
デザインする外観スタイルは、新和風・現代和風・伝統和風・古民家スタイル・蔵風・アジアスタイル・モダンスタイル・洋風・南欧風・切妻屋根・片流れ屋根 とさまざま、住宅Galleryからご覧ください。
住宅のスタイルはそれぞれの外観に良さがあります。建てられる方のご希望スタイルにあわせて、流行にとらわれないオリジナルなデザインの住宅を提案しています。

新しい住宅ギャラリー

    Project House


 広いロフトのある家NEW

 耐震補強した住宅リフォームNEW

モダンな寄棟の家NEW


     湖畔の見える家

     ぶどう畑の家

    登り棒の立つ家


     新和風の家

赤磐のモダン和風の家

リビングが中心の家


津山 ガレージのある家

美咲町 焼杉板の外壁の家

岡山 吹抜のある家


瀬戸町 南欧風の家

倉敷 ペットと暮らす家

井原 古民家風の家


津山 暖炉のある家

赤磐 丸窓のある家

倉敷 あこがれのリフォーム


玉野 海の見える家

岡山 ECOな岡山の家

玉島 暖炉のある家


住宅のリフォーム

住宅のリフォームや耐震診断・耐震設計監理も数多く手がけています。


新着情報ーNEW!

夏の完成見学会開催しましたー倉敷茶屋町   2016 7/30・31(土・日)

倉敷市茶屋町ー広いロフトのある家ー見学会を開催しました。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅を取組んでいます

経済産業省資源エネルギー庁では、平成28年度ZEH支援事業として、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所を対象として、4月から「ZEHビルダー登録制度」を開始し,当事務所も登録決定しました。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅にすると、125万円の補助金が支給されます。

この補助制度を受けるにはZEHビルダー登録をした、建築設計事務所、工務店、ハウスメーカーが設計や施工した住宅が対象となります。

 

当事務所も平成28年度ZEH支援事業に賛同し、ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅を設計・監理します。お気軽にお問い合わせください。

詳しくはネット・ゼロ・エネルギー住宅ZEHのこちらをご覧ください

 

現在、補助金を受けれるネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEHモデル住宅を建設会社と提携してモデル住宅を計画中です。
高気密・高断熱住宅 太陽光発電 約5Kw
予定価格ー1800~1900万円 ー金額とは別に補助金125万円適応します

熊本の木造住宅の被害状況の調査結果ーNEW        2016.9.12

 

熊本県益城町中心部の木造建物で1981年以前の木造住宅の94.7%が損傷、耐震等3級の木造住宅はほぼ無被害-熊本地震原因分析委員会の報告

 

 

熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」は、9月中に国土交通省に提出を予定している第3回最終報告書案で、2016年熊本地震で大きな建物被害を被った益城町中心部ほぼ全棟の建物調査の結果を発表した。

 

 前回6月に発表した第2回報告書と比べ、今回は調査対象となる2340棟全棟の建築年と被害状況を特定した。
 これによると、1981年5月以前に建てられた木造建築770棟のうち、729棟が何らかの損傷を被り、その確率は94.7%。倒壊・崩壊も215棟と27.9%にのぼった。

1981年6月~2000年5月までに建てられた木造建築862棟のうち、689棟が何らかの損傷を被り、その確率は79.7%。倒壊・崩壊も75棟と8.7%にのぼった。

 

 

現行規定の2000年6月以降に建てられた木造建築323棟のうち、何らかの損傷を被ったのは125棟(38.7%)。倒壊・崩壊は7棟(2.2%)となった。
 倒壊した7棟のうち3棟は規定通りの接合部仕様を満たしておらず、1棟は地盤変状であることがわかった。残り3棟は明確な被害要因が確認できなかったが、「震源や地盤の特性に起因して局所的に大きな地震動が作用した可能性が考えられる」とした。

 

 さらに対象地域には住宅性能表示制度を利用している住宅が19棟あり、このうち16棟が耐震等級3を取得していた。等級3を取得した住宅16棟のうち、14棟が無被害、2棟が軽微か小破の被害にとどまった。

 今回の熊本地震被害を受けて、報告書では木造建築の今後の対策として、「旧耐震基準(1981年5月以前)に建てられた木造建築物の耐震化促進」「現行の平成12年基準(2000年6月以降)に適合しない建物への被害抑制」「(耐震等級3を取得する比率が高い)住宅性能表示制度の活用」などを提言する予定。

 

 

 

                             新建ハウジング 記事 280912

 

熊本で大きな地震が続いている                  2016.4.19

2016年(平成28年)4月14日21時26分に、熊本熊本地方を震源とする、 マグニチュード6.5、最大震度7の地震が発生しました。さらに、その28時間後の4 月16日1時25分には、同じく熊本熊本地方を震源とする、マグニチュード7.3の地震が発生し、その後も震度5以上の大きな余震が頻発しています。

この地震では、4月14日の地震で住宅が全壊又は大規模半壊しましたが、その後居住が困難となった人が自宅に帰り、 4月16日の強い地震(本震)により、多くの住民が犠牲になりました。

熊本地震の特徴は、震度6弱以上の地震が継続して頻発しています。一度大きな地震を受けると、構造のダメージが残り、次の地震では大きな被害が出ています。 

また、これからの住宅では耐震性能を高めるとともに、繰り返し襲う地震にも耐え得るように「耐震 + 制振」工法も検討しましょう。

地震時に住宅の揺れ方を抑える制振装置ー設置費50万円ぐらい、新築・リフォームで取り付け可能

制振装置を設置する検討例はこちらー既存住宅の耐震改修には検討をすすめます

ネット・ゼロ・エネルギー(ZEH)住宅の勉強会開催しました    2016.4.12

私が副代表している、岡山県産材や国産材を利用普及する会{おかやま緑のネットワーク」にて、今話題のゼロ・エネルギー住宅(ZEH)勉強会を開催しました。

政府は2014年4月に閣議決定したエネルギー基本計画において、「2020年に標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH住宅を目指す」という方針を示し、本年新たな補助政策を実施し、ZEHの実用化と普及促進を目指しています。

ZEHゼロエネルギ-住宅は、断熱気密性能を高め使用する光熱費を少なく設計します。そして年間を通じて必要なエネルギーは太陽光発電から取得し、年間光熱費(電気代)をゼロにします。

また、おかやま緑のネットワークが取り組んでいる「地域型住宅グリーン化事業」においても、地域の木を生かした「ゼロ・エネルギー住宅枠」が多く配分されて、ZEH住宅には165万円の補助金が使えます。

経済産業省資源エネルギー庁では、平成28年度ZEH支援事業として、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所を対象として、4月から「ZEHビルダー登録制度」を開始し、125万円の補助金が支給されます。

こうした現状を踏まえて、新しい情報を紹介し、私たちは対応するか「ゼロ・エネルギー住宅の実現に向けて」勉強会を開催し、会員の皆様と意見交換を行いました。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)について詳しくはこちらをご覧ください

ネット・ゼロ・エネルギー(ZEH)住宅の補助制度が始まります  2016.3.10

国は2020年までに標準的な新築住宅をゼロ・エネルギー化することを目指しています。
そして、経済産業省は年間約40万戸の戸建て新築住宅のうち、2020年には半数以上をゼロエネ住宅とするとしています。
ゼロエネ住宅とはーネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に向けて、本年は大幅に予算が組まれています。

今年3月での発表では、 ZEHーゼロエネ住宅の建設には定額125万円が補助されます。

詳しくはこちらをご覧ください

住まいと健康                               2016.1.23

住宅の全体の50%程度、具体的には床と天井に無垢の木を使用した住宅は、住まい手が良い睡眠が得られ、ストレスのない生活ができる。こんな住宅と健康に関する研究結果が発表されている。
慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学部 伊香賀俊治教授の研究

耐震補強をした住宅のリフォームが完成しました      2016.1.5

SIMPLE×ECO 建築家と創る家ー2 NEW            2016.1

建築家の企画・計画による提案型の住宅プロジェクトです。

モダンな白の家ーMODERN HOUSE  と モダンな新和風の家ーJAPNESE MODERN HOUSE

当事務所の住宅施工に実績のある建設会社とのコラボレーションにより、求め安い価格で実現

ぶらり建築見て歩き

鳥取パンケーキショップー大江ノ郷

CoCoガーデン

鳥取のおもてなし、極上の卵を使ったパンケーキ

岡山イオンモール


重森三玲の庭
重森三玲の庭
鳥取ー三朝温泉と倉吉の街並み
鳥取ー三朝温泉と倉吉の街並み

新しい住宅ー紹介しています


2016年

3月

12日

ゼロエネ住宅ーZEH普及が始まります

国は2020年までに標準的な新築住宅をゼロ・エネルギー化することを目指しています。


そして、経済産業省は年間約40万戸の戸建て新築住宅のうち、2020年には半数以上をゼロエネ住宅とするとしています。
ゼロエネ住宅とはーゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に向けて、本年は大幅に予算が組まれています。

 

また、一般建築物においても、ゼロ・エネルギー・ビルと称して(ZEB)の実現・普及を進めます。エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指す」とする政策目標が設定されています。

 

住宅(ビル)や設備を省エネルギーを進め、無限に使える太陽光(発電)・太陽熱(給湯)をエネルギーを創り、年間を通じて電力会社やガス会社から供給される石油、石炭、天然ガス、原子力等に由来するエネルギーの消費量をゼロにする住宅(ビル)を目指します。

 

まさに、今年は「ゼロエネ住宅」普及元年と言えます。

そこで、平成28年度からはZEHやZEBの建設には、多くの補助金制度や優遇税政策が始まります。

 

今年3月での発表では、 ZEHーゼロエネ住宅の建設には定額125万円が補助されます。

 

ZEHーゼロエネ住宅仕様は、現在建てられている住宅スペックの断熱・気密性能をもう少し高め、太陽光発電を設置すれば実現できます。125万円補助してもらえれば、あと100万円以内の追加工事費で、光熱費のいらない住宅が実現することになります。


ローンの利子補給や所得税の軽減もあれば、これからの新築住宅はZEHーゼロエネ住宅に向かうでしょう。

ゼロエネ住宅ーゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現には、計算にもとずいた設計手法や正しい施工と監理が欠かせません。

0 コメント

長期優良住宅・低炭素住宅の認定申請の支援

当事務所では、『木造構造計算ソフト』『省エネ診断ソフト』を使用して長期優良住宅・低炭素住宅の設計に対応しています。

岡山県内の 建設会社・工務店さんが計画されている住宅の長期優良認定申請、低炭素住宅の認定申請および確認申請も対応しています。

 

確認申請と長期優良住宅認定申請図面と申請書の綴り
確認申請と長期優良住宅認定申請図面と申請書の綴り

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

長期優良住宅についてはこちらをご覧下さい

住まいの展示室

当事務所の「住まいの展示室」では常時、「住まいの考え方」や最近完成した住宅の写真パネルや企画している住宅の展示をしています。

展示ギャラリーについて詳しくはこちら  ご自由にご覧できます。
住宅を建てるにあたり、一度は建築家の住宅も見たい方
住まいについて建築家に聞いてみたい方(無料)もお気軽にお越しください。


住まいの展示室オープン企画-建築家と創る家

ARCHITECT DESING HOUSE SIMPLE×ECO 展示中-すまい相談受付けます。

また、全国でも評価の高い「おかやまの木」もご覧できます。 

一度「おかやまの木」を手に触れてみませんか。


 月曜から土曜日 AM10:00 - PM5:00 オープン

お越しになる時連絡ください、建築家が対応します。
日曜・祭日も訪問歓迎します!ご予約ください。

宇川建築計画事務所  TEL 086-265-9333
メールはこちらから

建築家と創る家ー2  募集しています

私たちは地域の木や自然素材を生かし、健康的な住宅や耐震性・省エネ性にもこだわり、オリジナルなデザインの住宅を設計しています。

当事務所の企画・設計による 提案型の新しい住宅のプロジェクト!

建築家がおすすめできるプラン・デザイン・考え方を、求め安い価格で実現する住宅の企画 


 建築家と創る家ー2


ARCHITECT DESING HOUSE SIMPLE×ECO
白をまとい光と風を感じる家 』『 家族の気配を感じる家

  

モダンな白の家 - MODERN HOUSE 5タイプ
モダンな新和風の家 - JAPANESE MODERN HOUSE 5タイプ
シンプルモダンな白の外観に自分カラーを演出できます

各モデルとも間取りは、A~Eまで延床面積の異なる5タイプを用意しています。

この基準タイプを元にご希望の間取り、デザイン、仕様・仕上に変更できます。

当事務所が設計監理し、当事務所の住宅施工に実績のある倉敷の工務店ー健楼工務店㈱さんが施工。

 価格は1,400万円代から 1,600万円代の求めやすい価格で、耐震性(等級3)耐久性(長期優良住宅仕様)が高く、省エネ(等級4)でおしゃれで快適な住宅を実現します!

住まいの小冊子プレゼント

「エコ住宅のすすめ」「住まいは買う物でなくつくるもの」
「住まいのリフォームの心得」
の3冊発行しています。
岡山の木や自然素材を生かしたエコ住宅、シックハウスによる健康被害、住宅を建てる場合の気をつけること等を解説しています。
これから住宅を建てられる方、リフォームを予定している方に無料で配布しています。
ご希望の方は、電話かメールでお問い合わせください。
宇川建築計画事務所 TEL 086-265-9333

岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。 

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス 

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです
医療福祉建築のホームページです
医療福祉建築のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー