岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する建築設計事務所ー宇川建築計画事務所 です。

国は2020年までに標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー化することを目指しています。
そして、経済産業省は年間約40万戸の戸建て新築住宅のうち、2020年には半数以上をゼロエネ住宅(ZEH住宅)とするとしています。
ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及拡大に向けて、本年2016年は大幅に予算が組まれています。

 

当事務所では、地域の木や自然素材を生かし、年間を通して光熱費のいらないネット・ゼロ・エネルギー住宅 ZEHを設計します。お気軽にご相談ください。

 

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ー岡山のZEH住宅と設計

ZEH仕様の住宅の設計

シンプルでモダンな住宅です。断熱性能を高め、使用エネルギー効率の良い設備機器を使用し、屋根には太陽光発電パネルを乗せて年間の光熱費をまかないます。

採用する建材をチェック中

床暖房用フローリングのサンプルを取り寄せ検討中

収まりを原寸でスケッチ

平成28年省エネ基準の断熱性能を計算するためも図面数枚を作成しますー結構手間かかります

この住宅は、私の所属している「おかやま緑のネットワーク」が参加している「地域型住宅グリーン化事業」の補助制度を高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)と地域材加算 合わせて185万円助成を受ける予定です。

ZEHモデル住宅の設計が完成し見積依頼中です

建築家のおすすめのローコスト「ZEH ゼッチモデル住宅」詳細設計が完成し、現在 建設会社に見積依頼中です。できる限り低価格で光熱費のいらない住宅を予定しています。間取りや外観の変更もできます。関心のある方はお問い合わせください。

ZEH住宅 モデル住宅計画中-NEW                         2016.5.21

現在、補助金を受けれるネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEHモデル住宅を建設会社と提携してモデル住宅を計画中です。
高気密・高断熱住宅 太陽光発電 約5Kw
予定価格ー1800~1900万円 ー金額とは別に補助金125万円適応します

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅を取組んでいます

経済産業省資源エネルギー庁では、平成28年度ZEH支援事業として、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所を対象として、4月から「ZEHビルダー登録制度」を開始しました。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅にすると、125万円の補助金が支給されます。

この補助制度を受けるにはZEHビルダー登録をした、建築設計事務所、工務店、ハウスメーカーが設計や施工した住宅が対象となります。

 

当事務所も平成28年度ZEH支援事業に賛同し、ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅を設計・監理します。お気軽に相談ください。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ネット・ゼロ・エネルギー・住宅の研究成果や新しい情報を収集し、ホームページにより紹介してZEH住宅の普及拡大を目指しています。

また、設計した住宅の工事途中や完成時の見学会を開催し、ZEH住宅を知っていただきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ネット・ゼロ・エネルギー・住宅のイニシャルコストやランニングコストを具体的に紹介し、将来に渡りコスト的にメリットがあることを理解してもらいます。

日々、工法・使用材料・機器類の情報収集を行い、断熱材やサッシュメーカー・太陽光機器メーカー・ガス会社等の協力体制により、コスト低減を目指します。

また、省エネルギーにつながる自然光や通風などの建築的手法を設計に生かし、よりコストダウンを図ります。

その他の取組み

当社の所属する、地域型住宅グリーン化事業に採択されている「おかやま緑のネットワーク」で「ZEH住宅の実現に向けて」会員の皆様と、ZEH住宅の情報交換や研究活動の勉強会を主催運営しています。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅ーZEH住宅とは

国は2020年までに標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH住宅)にすることを目指しています。


そして、経済産業省は年間約40万戸の戸建て新築住宅のうち、2020年には新築住宅新築住宅の半数以上をネット・ゼロ・エネルギー住宅とするとしています。
ゼロエネ住宅とはーZEHゼロエネルギ-住宅は、断熱気密性能を高め使用する光熱費を少なく設計します。そして年間を通じて必要なエネルギーは太陽光発電から取得し、年間光熱費(電気代)をゼロにします。
ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
に向けて、本年は大幅に国も予算を組んでいます。

 

また、一般建築物においても、ゼロ・エネルギー・ビルと称して(ZEB)の実現・普及を進めます。エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)において、「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指す」とする政策目標が設定されています。

 

住宅(ビル)や設備を省エネルギーを進め、無限に使える太陽光(発電)・太陽熱(給湯)をエネルギーを創り、年間を通じて電力会社やガス会社から供給される石油、石炭、天然ガス、原子力等に由来するエネルギーの消費量をゼロにする住宅(ビル)を目指します。

 

まさに、今年は「ネット・ゼロ・エネルギー住宅」ZEH普及元年と言えます。

 

そこで、平成28年度からはZEHやZEBの建設には、多くの補助金制度や優遇税政策が始まります。

 

今年3月での発表では、 ZEHーゼロエネ住宅の建設には定額125万円が補助されます。

 

ZEHーゼロエネ住宅仕様は、現在建てられている住宅スペックの断熱・気密性能をもう少し高め、太陽光発電を設置すれば実現できます。125万円補助してもらえれば、あと100万円以内の追加工事費で、光熱費のいらない住宅が実現することになります。


ローンの利子補給や所得税の軽減もあれば、これからの新築住宅はZEHーゼロエネ住宅に向かうでしょう。

ゼロエネ住宅ーゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現には、計算にもとずいた設計手法や正しい施工と監理が欠かせません。

 

ゼロエネ住宅ーゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現には、、電気やガスなどのエネルギー使用を少なくするため、自然の採光や通風を生かし夏の日射遮蔽を行う設計や、高い断熱性能や気密性能が必要となります。

また、住宅の気密性能が高くなると、より体に優しい「自然素材での住まいづくり」が欠かせません。

注文住宅予定者の約8割にZEH意向

住宅情報誌 2016年2月17日 「新建ハウジング」の記事

新建ハウジングが実施した注文住宅予定者を対象に実施した意識調査では、全体で8割弱がZEH化を前向きに検討していた。前回調査時から5ポイント上昇した。

ネット・ゼロ・エネルギー住宅のコストスタディー

住宅を建てる方にとって、光熱費を少なくしてCO2を削減して地球温暖化阻止に貢献したい。でも ネット・ゼロ・エネルギー住宅にした場合のコストアップはいくらなの?光熱費はどれぐらい安くなるの?将来的にメリットあるの?は関心のあるところでしょう。

 

最近の住宅は断熱性の高い断熱材やLow-eペアガラスの使用で、断熱気密性能は高くなっています。

そこで当事務所で設計している住宅仕様でZEH住宅のコスト検討してみました。

 

ZEHによるコストアップのイニシャルコスト

 

太陽光発電設備 5kw  150万円

 

樹脂サッシュの採用    30万円(アルミ+樹脂サッシュとの差額分)

 

HEMS                     10万円

 

換気設備の高効率化など  10万円(従来との差額分)        

 

計           200万円コストUP 

 

他高効率エアコン設置は必要

 

 

 

ZEHの光熱費

 

年間ランニングコスト比較表
139m242坪)の一般家庭で試算)

 

■各種住宅とZEH とのコストを比較した国土交通省のシミュレーション

 

【コスト比較】

家電等

給湯

冷暖房

合計

一般的な新築住宅

87,000

96,000

88,000

271,000

次世代省エネ住宅

87,000

96,000

56,000

239,000

省エネ25UP
(エコキュート)

79,000

17,000

40,000

136,000

NZE
(ゼロ・エネルギー・ハウス)

- 9,000

 

 

 

年間2025万円光熱費が安くなる・・・10年で200~250万円メリット

10年間でほぼ建設費のコストアップ分は回収可能

 

 

 

ZEHの補助金

 

ZEH支援事業 平成28年度決定    125万円

 

地域型住宅グリーン化事業 ゼロエネルギー住宅  165万円(平成27年) 

 

他補助制度利用可能あり

 

 

ZEHによる税制優遇の可能性もあります。

 

ネット・ゼロ・エネルギー住宅の勉強会開催しました   2016.4.12

私が副代表している、岡山県産材や国産材を利用普及する会{おかやま緑のネットワーク」にて、今話題のゼロ・エネルギー住宅(ZEH)勉強会を開催しました。

おかやま緑のネットワークが取り組んでいる「地域型住宅グリーン化事業」においても、地域の木を生かした「ゼロ・エネルギー住宅枠」が多く配分されて、ZEH住宅には165万円の補助金が使えます。

経済産業省資源エネルギー庁では、平成28年度ZEH支援事業として、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所を対象として、4月から「ZEHビルダー登録制度」を開始し、125万円の補助金が支給されます。

こうした現状を踏まえて、新しい情報を紹介し、私たちは対応するか「ゼロ・エネルギー住宅の実現に向けて」勉強会を開催し、会員の皆様と意見交換を行いました。

私の所属している「おかやま緑のネットワーク」は地域型住宅グリーン化事業を採択され、ゼロ・エネルギー住宅にすると165万円の補助を受けられます。

 

○ 政府の省エネ制度や補助制度、ZEHについての動向について・・・説明 宇川

 

  ・ZEHの消費動向とZEH補助金とZEHビルダー登録制度について

 

  ・経済産業省・ 国土交通省の省エネ施策等の資料配布

 

  ・ZEH住宅への対応(住宅モデル仕様の事例紹介)・・旭ファイバーグラス・YKK資料提供

 

   旭ファイバーグラスさんから商品とZEHについて説明

 

   YKKAPさんから商品とZEHについて説明

 

 

 

○ 地域型住宅グリーン化事業について

 

  ・おかやま緑のネットワークの地域型住宅グリーン化事業について・・藤田 代表

 

  ・同上の地域型住宅グリーン化事業「ZEHモデル住宅」のモデルについて・・ハウジング塚本

 

・平成25年省エネルギー基準について・・補足資料

 

を旭ファイバーグラスさんの資料をもとにZEHの説明しました。
また、旭ファイバーグラスさんから断熱材の説明を聞きました。

YKKAPさんからZEHに向いている樹脂サッシュについて聞きました。

YKKさんはZEHの取り組みも先駆的で、カタログもZEHについて分かりやすく解説しています。

参加された方から今後も勉強会を開催したい意見がありました。

また、参加いただいた旭ファイバーグラスさん、YKKAPさんからも今後もZEHの情報いただけることになりました。

岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

        (有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー