岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する建築設計事務所ー宇川建築計画事務所 都市の低炭素化の促進に関する法律に基づく低炭素住宅について紹介します。私たちは地域の木や自然素材を生かし、健康的な住宅や耐震性・省エネ性もこだわり、オリジナルなデザインの住宅を設計しています。

低炭素住宅の設計についてー岡山の建築家

低炭素住宅とは?

東日本大震災を契機としてエネルギーの需給が変化し、国民のエネルギー利用や地球温暖化問題に関する意識が高まっている中、低炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で活力ある国土づくりを推進することが重要な課題です。
このため、都市機能の集約やそれと連携した公共交通機関の利用促進、建築物の低炭素化等の施策を講じることにより、地域における成功事例を蓄積し、その普及を図ることを目的とした、「都市の低炭素化の促進に関する法律」が平成24年9月5日に公布され、平成24年12月4日に施行されました。

この法律に基づき、所管行政庁による「低炭素建築物新築等計画」の認定を受けることで、所得税(住宅ローン減税)、登録免許税の税制上の優遇や容積率緩和を受けることができます。

低炭素住宅の認定基準

このたび施行された「低炭素建築物認定制度」は、省エネ性能のレベル向上に向けた誘導水準に位置づけられており、2020年の省エネ基準適合義務化を見据えた取り組みの第一歩としてスタートしました。

 

低炭素建築物として認定を受けるには、①必須項目として、省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量がマイナス10%以上かつ、外皮の熱性能に関する基準(平成11年基準レベル相当)を満たすことが求められます。また、これに加え、②選択的項目として、一定以上の低炭素化に資する措置等を講じていることが必要となります。

選択的項目

選択的項目については、具体的には以下の8項目のうち2項目以上を満たすか、または標準的な住宅と比べて低炭素化に資するとして所管行政庁が認めたものか、いずれかを満たすことが求められます。
 

<選択的8項目>

(1)節水機器の設置
(2)雨水、井水、雑排水の利用
(3)HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の利用
(4)再生可能エネルギーと連携した蓄電池の設置
(5)ヒートアイランド対策
(6)劣化対策
(7)木造住宅
(8)高炉セメント等の使用


木造住宅においては、1項目をすでに満たしており、さらに1項目をクリアすることで認定基準に該当することになります。最近では、節水型のトイレや、シャワーヘッド、給水栓などが数多くあり、木造住宅には、これらの節水型機器を設置することで、選択的項目の基準は簡単に満たすことができます。

 

必須項目

必須項目の一次エネルギー消費量については、設備機器によるエネルギー消費量から算出します。

現行の省エネ基準は、住宅については外皮の断熱性のみで評価するため、省エネ効果の大きい設備機器等による取り組みを評価できない、といった課題があげられていました。

これを受け、2013年10月に改正施行される予定の省エネ基準では、外皮性能に加え、設備性能を含めて省エネ性能を総合的に評価できるよう、「一次エネルギー消費量」を指標とする基準に大きく変わり、住宅と建築物の基準も一本化されます。 

認定低炭素住宅については「設計一次エネルギー消費量」が「基準一次エネルギー消費量」以下となることが求められます。

 

具体的には、下図に示すとおり、設計仕様に基づく暖冷房、換気、照明、給湯設備によるエネルギー消費量の合計に、床面積に応じて算出される家電等のエネルギー消費量を加え、ここから再生可能エネルギーによる創エネルギー量を差し引いた値が「設計一次エネルギー消費量」となります。

 

外皮の熱性能に関する基準については、総熱損失量を外皮表面積の合計で除した「外皮平均熱貫流率(平均U値)」を新たな指標とすることで、規模の大小や形状にかかわらず熱性能を評価できるようになりました。

また、 日射遮蔽(しゃへい)性能については、「平均日射熱取得率(平均η値)」が新指標となります。

これは、各部位における日射熱取得率と外皮表面積と方位係数の積の合計を、外皮表面積の合計で除して算出します。

 

外皮性能基準について詳しくはこちら


認定申請の流れ

当事務所は、低炭素住宅の設計に対応しています。

本年から低炭素建築物認定制度も始まり、低炭素認定住宅や長期優良住宅は施主さんに税制優遇などのメリットの措置もあります。

これからは住宅を手掛ける建設会社や工務店は、低炭素認定住宅や長期優良住宅仕様で住宅を建設できることが必要な時代になりました。

 

当事務所では、『木造構造計算ソフト』『省エネ診断ソフト』を使用して長期優良住宅・低炭素住宅の設計に対応しています。

岡山県内の 建設会社・工務店さんが計画されている住宅の長期優良認定申請、低炭素住宅の認定申請および確認申請の支援もしています。

当事務所の費用等、お気軽にお問い合わせ下さい。

岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー