岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する-建築設計事務所の宇川建築計画事務所のホームページです。私たちは地域の木や自然素材を生かして、健康的でオリジナルなデザインの住宅を設計します。

住まいの知恵ー流行の色

住宅雑誌の見出しから見る-住宅のトレンド-色

KEN-Platz 建築・住宅メール 2008年3月10日号 最近の住宅雑誌の見出しが語る住宅のデザイントレンドより
素材感重視の傾向が色の志向にも影響? 以下記事の概要です

 床や壁、天井が真っ白な住宅は、一般向け住宅誌でよく見かける事例と言えるだろう。こうした傾向は、各誌の記事見出しでも顕著に表れている。

 色に関する言葉では「白」が32件を数え、全体60件の過半数を占めた。やはり、建て主もつくり手も白が大好きなのだろう。次に多いのは「黒・墨」(9件)。白や黒に「グレー」(2件)や「無彩色」(2件)といった色を含めて、モノトーン系統としてまとめると、それらの合計は45件と全体の7割強に達した。

欧米の住宅では仕上げに塗装を用いることが多いが、日本では木材だけでなく、たとえば打ち放しのコンクリートのように、素材をそのまま見せる手法が建て主に好まれる。つまり日本の場合は元々、色をデザインの主役する意識が高くはない。そのため、色といってもモノトーン系に落ち着くと言えないだろうか。

 他方、有彩色を表す単語を集めてみると、「緑系」(5件)、「青系」(3件)、「赤系」(4件)、「ベージュ・ナチュラルカラー」(2件)、「黄色系」(1件)と、特段の傾向は見てとれなかった。

 住宅デザインの「テイスト」、「様式」、「素材」、「色」の項目で建て主向け住宅誌の記事を分析してきたが、それぞれの項目で1位の言葉を組み合わせると、「木の生かした白いモダンな和空間」となる。妙に説得力のある表現で、特に印象深いのは“中庸”な志向が色濃いことだ。「モダン」といっても、コンクリートや金属の質感を前面に出した冷たい印象の空間ではない。「木」といっても質実一辺倒のカントリー調とは違うし、「和」であっても伝統的なスタイルとは異なる。突出した個性があるわけではなく、程良いシンプルさを求めている。



今の色の流行は、白また黒の単色  または 白と黒の2色のカラー
よく見かける最近の住宅の外観 もこうした色が多いですね。

 

 

岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー