岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する建築設計事務所ー宇川建築計画事務所 長期優良住宅をご検討の方は、実績のある当事務所にご相談ください。。私たちは地域の木や自然素材を生かし、健康的な住宅や耐震性・省エネ性もこだわり、オリジナルなデザインの住宅を設計しています。

長期優良住宅の設計についてー岡山の建築家

長期優良住宅とは?(戸建住宅の場合)

2009年(平成21年)6月4日)、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。

この法律は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

 

法に基づき、所管行政庁による「長期優良住宅建築等計画」の認定を受けることで、住宅ローン減税(所得税、個人住民税)、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の税制上の優遇を受けることができます。

 

長期優良住宅の概要、税制優遇等の詳細(国土交通省Hp)

長期優良住宅関連情報(国土交通省Hp)

 

長期優良住宅の認定基準(戸建住宅)

画像参照元:ホームズ君.com
画像参照元:ホームズ君.com

耐震性を確保

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、

損傷のレベルの低減を図る。
次の(1)~(3)いずれかの措置を講じることが必要。

 

1.耐震等級2以上とする。

  チェック項目:性能表示壁量、性能表示四分割壁量、床倍率、接合金物、横架材、基礎構造

 

2.大規模地震時の地上部分の各階の安全限界変形の高さに対する割合をそれぞれ

  1/40以下とする。(層間変形角を確認)

 

3.免震建築物とする。

 

省エネルギー性を確認

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていることを確認する。

省エネ法に規定する省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)に適合すること。
省エネルギー対策等級4

イ)性能規定(Q値、μ値、結露対策)により省エネ性能を確認。
ロ)仕様規定(U値)により省エネ性能を確認。

 

維持管理・更新の容易性を図る

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)

を容易に行うために必要な措置を講じる。

 

・構造躯体等に影響を与えることなく、配管の維持管理を行うことができること

・ 更新時の工事が軽減される措置が講じられていること など

 

劣化対策を講じる

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

 

劣化対策等級3の仕様に加えて、床下及び小屋裏の点検口を設置や、

床下空間に330mm以上の有効高さを確保。

 

住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

 

75㎡以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)の規模とする。

※少なくとも1の階の床面積が40㎡以上。


維持保全管理

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

  

・維持保全計画に記載すべき項目については、

  1. 構造耐力上主要な部分
  2. 水の浸入を防止する部分
  3. 給水・排水の設備

について、点検の時期・内容を定める。

 

・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。

・地震時及び台風時に臨時点検を実施すること。

 

住宅履歴情報の整備

長期優良住宅に認定された住宅はその建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

 

※電子データ等による作成・保存も可

・長期優良住宅認定申請書および添付図書

・意匠関係図書(平面図、立面図、矩形図 等)

・構造関係図書(各種伏図、壁量計算書、N値計算書、接合金物リスト 等)

・仕様関係図書・設備関係図書・設備機器関係図書 等

 

長期優良住宅のメリット

具体的にどれぐらいメリットがあるか?金額で査定してみました

  住宅ローン減税 所得税の最大減税額引き上げ(10年間)

一般住宅・・200万円まで減税

長期優良住宅・・300万円まで減税

年間所得税 10万円支払いの方 10年間で100万円減税

年間所得税 20万円支払いの方 10年間で200万円減税

年間所得税 30万円支払いの方 10年間で300万円減税―長期優良住宅がメリット 

なお、 平成21年から平成25年までの間に居住し、所得税の住宅ローン減税制度(住宅借入金等特別控除)を受けた方で、所得税において控除しきれなかった金額がある場合は、翌年度の個人住民税において住宅ローン控除が適用されます

住民税から控除される場合は、その年の所得税の、課税総所得金額の5%が上限になります。住民税の減税額(控除額)は、1年あたり上限で97500です。

 

総務省のホームページに解説あります

住宅ローン控除についての説明のあるホームページ

 

  登録免許税の引下げ 所有権保存登記 課税評価額 新築住宅 2000万円とすると

一般住宅   課税標準額の0.15% 3万円

長期優良住宅 課税標準額の0.1% 2万円―長期優良住宅が1万円メリット

 

  現金で購入の場合の所得税の控除・・規定の性能強化費用 上限500万円の10%

(住宅ローン控除と併用はできない)

長期優良住宅が最大50万円メリット

その年で控除できなかった場合、翌年の所得税からも控除可能

木造の標準的な性能強化費用相当額 33、000円/ 

 

  不動産取得税の控除・・課税標準額の3%の控除額の増額 

一般住宅   1200万円控除 (2000万円―1200万円)×3%=24万円

長期優良住宅 1300万円の控除(2000万円―1300万円)×3%=21万円

長期優良住宅が3万円メリット

 

  固定資産税の減額・・評価額の1.4% 一般住宅特例(1/2減額)の適応期間の延長 

一般住宅   3年間 2000万円×1.4%×1/2×3年=42万円

     残り2年間 2000万円×1.4%×2年=56万円

   計                     98万円

 

長期優良住宅 5年間 2000万円×1.4%×1/2×5年=70万円

長期優良住宅が差額28万円メリット

 

  その他

直系尊属からの住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置が拡充されます

平成25年度 一般住宅・・・700万円まで非課税

長期優良住宅・・1200万円まで非課税  500万円メリット

 

 

 

 

 

 

長期優良住宅は、住宅を大切に長く使うという考え方により、今以上の省エネルギー化と高リサイクル率が達成され、より地球環境にやさしい社会を目指しています。

なにより、住宅性能のアップにより住宅の不動産評価が高まると言われています。

長期優良住宅対応ー地域型住宅ブランド化事業の住宅工事中

岡山県内の建設会社・工務店さんへの長期優良住宅の支援について

本年から低炭素建築物認定制度も始まり、低炭素認定住宅や長期優良住宅は施主さんに税制優遇などのメリットの措置もあります。

これからは住宅を手掛ける建設会社や工務店は、低炭素認定住宅や長期優良住宅仕様で住宅を建設できることが必要な時代になりました。

 

当事務所では、『木造構造計算ソフト』『省エネ診断ソフト』を使用して長期優良住宅・低炭素住宅の設計に対応しています。

岡山県内の 建設会社・工務店さんが計画されている住宅の長期優良認定申請、低炭素住宅の認定申請および確認申請も対応しています。

 

確認申請と長期優良住宅認定申請図面と申請書の綴り
確認申請と長期優良住宅認定申請図面と申請書の綴り

・住宅の設計、間取り、外観デザイン、仕様・工法・材料は貴社の計画でOKですが、構造計算とエネルギー計算により一部変更をお願いする場合があります。

・確認申請および長期認定申請に伴い、図面および基礎、各階床伏図の構造図・計算書は一式作成します。

 

当事務所の費用等、お気軽にお問い合わせ下さい。

別途必要になる申請審査機関に支払う手数料

 

確認申請手数料(岡山県建築住宅センター)       20、000円

確認申請完成検査手数料( 同上 )          22、000円

長期優良住宅技術審査( 同上 )           37、800円

長期優良住宅認定申請(行政機関)            6、100円

計                          85、900円 

  床面積により若干金額差あり

 

長期優良住宅に必要な性能

 

 

長期優良住宅の申請にに必要な図面・計算書

 

 

長期優良住宅認定申請から完成までの流れ

 

建築知識2010.9月号「長期優良住宅特集」参照

岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー