岡山/倉敷で住宅の設計・監理をしている-建築家 宇川民夫が主宰する建築設計事務所ー宇川建築計画事務所です。私たちは地域の木や自然素材を生かし、健康的な住宅や耐震性・省エネ性もこだわり、オリジナルなデザインの住宅を設計しています。

自然素材図鑑ー「木について」

よく使っている自然素材の「木」を紹介します。

日本の国土の約7割りは森林に覆われています。
温暖で雨の多い日本は木が育つのに最適な環境です。
伐採後、木はその樹齢の分だけ強度が増加するといわれています。
木は丈夫で手触りがよく、加工しやすいうえ、適度に弾力を持っています。
木自体がほどよい水分をもち、しかも室内の湿度変化にあわせて吸放湿

する性質を持っているからです。
起伏に富んだ日本の山にはいろいろな樹木があります。
樹種や産地によって、一本ごとに個性があり味わいになっています。

 



  木頭杉
  こもれび

  齢 60~80年の高い強度を有する徳島の杉。
  約3ヶ月の葉枯らし乾燥後、さらに3ヶ月の桟積み天然乾燥を行います。
  時間をかけて乾燥させた材は、色艶がよいのが特徴。


  TSウッドハウス協同組合 佐々木材木店
  TEL 0884-42-1126

 


 

    桧
フローリング材

  間伐材をフローリング用に加工した桧の床材。
  十分に人工乾燥されたこのフローリングは収縮や割れ、

  反りを生じることが少なく、床暖房も可能。

  山下木材株式会社
  TEL 086-296-3210

 


    松
フローリング材

  松材を専門に手がける製材所が、地元・岡山産の松に人工乾燥を

  施したフローリング材を開発しました。
  梁の構造材や松の厚板とあわせて注目の製品です。

  株式会社鈴鹿製材所
  TEL 0868-66-0161

 


  能登ヒバ

  石川県能登地方で植林される材。
  地元では能登アテと呼び、マアテ、クサアテ、カナアテなど

  大きく7種類に分類されます。
  このうちクサアテという品種の樹齢 100~120年の原木を

  使用し、床材に仕上げています。
  

  木童
  TEL 078-954-0072

 


みまさか加茂桧
みまさか加茂杉
DRY 10

  独自の乾燥加工技術により、室内で実際に使用される環境条件

  (含水率 8~12%)に対応した水分管理が施されているため寸法

  変化が少ないのが特徴。

  加茂木材株式会社
 TEL 0868-42-3181

 


  J パネル

  国産杉の間伐材を使用した厚板の杉板パネル。
  三層の積層が収縮・ゆがみ・たわみを抑えます。
  ホルムアルデヒド放散量は Fc0レベルで、高断熱、蓄熱、

  保湿、調湿、遮音などの性能を持っています。

  協同組合レングス
 TEL 0859-39-6888

 


岡山・倉敷を中心に住宅の建築・設計・監理に関する相談は    

住まいの設計が得意な建築家 (有)宇川建築計画事務所

お気軽にお問い合わせ下さい。

 


(有)宇川建築計画事務所  〒700-0942 岡山市南区豊成3-17-24メールアドレス