古くなった屋根の防水の改修

日本建築家協会 中国支部岡山地域会の役員会の後に、防水セミナーがあり「劣化した屋根防水の改修方法のセミナー」に参加してきました。

マンションやビルなどの屋根の防水は10年過ぎると劣化が進み、雨漏りの原因になります。
昨年の2018年8月の台風では、大阪エリア各地でビルの屋根の防水シートが強風で巻き上げられ、建物周辺にも被害が発生しました。

屋根防水材料は㈱エフワンエヌの「高強度ウレタン・ゴムアス複合塗膜防水」
完全密着塗膜防水で新築と改修に採用できます。

 

こうした劣化した屋根の防水シート、屋上駐車場の床、錆びた金属板屋根、劣化したコロニアル・スレート屋根・コロニアル屋根の防水改修に対応

台風で飛ばされた屋根の防水

特徴は
・複雑な屋根形状にも防水ができる
・建物の躯体と密着して完全密着防水ができるー複雑な形状も防水可能
・躯体のクラックにも追従できる

付着力が高いので台風などの強風でも飛ばされない
厚さが2mm程度で軽いので、建物の強度に影響が出ない
伸縮性があるので下地の劣化の影響を受けない

 

表面の下地処理をして、押さえコンクリートの上に防水が可能で、架台に乗る設備機器の着脱が不要になることが多い

表面強度があるので駐車場や通路にも採用可能

腐食した金属屋根やコロニアル屋根でも上から防水できる

スレート屋根やセメント瓦の上からでも防水できる

いろいろ利点の多い防水材です

掲載写真はカタログから使用

 

AXSP ㈱エフワンエヌの「高強度ウレタン・ゴムアス複合塗膜防水

お問い合わせ

連絡先
(有)宇川建築計画事務所
〒700-0942 

岡山市南区豊成3-17-24
TEL 086-265-9333  

FAX 086-265-9334 

住宅リフォーム専門のホームページです
住宅リフォーム専門のホームページです

事務所1階
『住まいの展示室』

 

月曜から土曜日 

AM10:00から

PM5:00 オープン   

お越しになる前にご連絡ください。

「住まいの相談」もお気軽にお問

い合わせください。 

TEL086-265-9333

 

日曜日・祭日も訪問歓迎!

バナー
バナー